MENU
プロフィール背景画像
ソラノの画像
ソラノ
仮面ライダー玩具ブロガー
仮面ライダー玩具レビューブログ 『ソラノ特撮玩具部屋』を運営。仮面ライダーが大好きなサラリーマンパパ。DTPオペレーターをしながら、妻と息子の3人で慎ましく生活しています。 『ブログ』『仮面ライダー』『おもちゃ』が生き甲斐。子供から大人まで楽しめるようなブログを目指して活動中。

【電王】DXデンオウベルト ver.20thの発売日や音声をレビュー

ソラノのアイコン画像ソラノ

こんにちは、ソラノ(@tokusatu_sorano)です。

2007年に放映された『仮面ライダー電王』

電車、おとぎ話、タイムスリップというオリジナリティ溢れる世界観が魅力の作品です。

そんな仮面ライダー電王の使用する変身ベルト『デンオウベルト』が、時を超え「ver.20th」として再販されました。

しかもただの再販ではなく、様々なところがグレードアップされているという嬉しい仕様での再販。

当時版を持っている人も、初めての人も十分満足できる再販ベルトになっていると感じました。

そんな『DXデンオウベルト ver.20th』を当時版との違いを交えてレビュー。

この記事の内容

DXデンオウベルト ver.20thの価格と発売日

DXデンオウベルト 20th 箱

価格と発売日

  • 価格:7,150円(税込)
  • 発売日:2020年7月4日
  • セット内容:DXデンオウベルト、ライダーパス、ライダーチケット5枚

使用する電池

『DXデンオウベルト ver20th』『単4電池』を2本使用します。

おすすめの単4電池

関連記事

外観

DXデンオウベルト 20th 前

正面には非接触での発光部分と、フォームチェンジ用のボタンがあります。

当時のスーパーベスト版と比較しましたが、シルバー塗装箇所が格段にレベルアップ

単純に綺麗になったというものではなく、質感がまるで違います

DXデンオウベルト 20th 上部

上部から見るとシルバー塗装の変化が分かりやすいです。

大人向け変身ベルト『CSMデンオウベルト』も所持していますが、それと比べても遜色ないほどのクオリティー。

上部には電源スイッチと発光パターンが見える窓があります。

時代を感じる電源スイッチ

現在の電源スイッチといえば、外観を損なわないように背面か底面部分に搭載するのが基本となっています。

しかし当時はこのように外観よりも遊びやすさ重視の設計で作られていました。

こういった違いを楽しめるのも、再販のうれしいところ。

フォーム選択ボタン

DXデンオウベルト 20th ボタン

デンオウベルトの特徴のひとつであるフォームチェンジボタン。

  1. ソードフォーム
  2. ロッドフォーム
  3. アックスフォーム
  4. ガンフォーム

このベルト一つで上記4つのフォームで遊ぶことができます。

ボタンもそれぞれのフォームカラーに塗装されているのが素敵。

ベルト右側には脱着とスピーカー

DXデンオウベルト 20th 斜め

ベルトはこちら側のみ脱着可能となっています。

劇中でも勢いよくベルトを回してベルトを装着していたのが印象的。

ブルーの矢印マークの部分にスピーカーがあります。

音声がクリアーに

今回、このスピーカーが大幅に改善されています。

当時のDX版と比べると、非常にクリアーな音声になっていて、ボリュームも上がっています。

音声については後述の動画を、ぜひ御覧ください。

発光

DXデンオウベルト 20th 発光ソード
ソードフォーム

ソードフォーム時のレッド発光が、当時よりも強く感じました。

DXデンオウベルト 20th 発光ロッド
ロッドフォーム

ロッドフォームのブルーの発光も、とても明るく綺麗です。

DXデンオウベルト 20th 発光アックス
アックスフォーム

そして大幅に改善された、アックスフォームのイエロー発光。

当時のDX版を持っていた人ならこの画像の発光色で違いがわかると思いますが、イエローの発光が明るく純粋なイエローへと改善されています。

DX版では、濃いオレンジ寄りのイエローだったため、劇中の発光色と少し違った印象でしたが、LEDの進化により、鮮明で明るい発光パターンに。

これは本当に嬉しい改善ポイントです。

DXデンオウベルト 20th 発光ガン
ガンフォーム

続いてガンフォームのパープル発光も改善されています。

こちらは公式でもアナウンスがありました。

当時品はガンフォームの紫の発光を、赤色と青色の2色の同時発光で表現していたところを、現在主流となっているフルカラーLEDに変更しているので、内部の細かいところは変わっております。

開発者ブログ

このように2色の掛け合わせ発光から、単色でパープルを再現できるように。

時代の進化を感じますね。

ライダーパス

DXデンオウベルト 20th ライダーパス前

変身時に使用するライダーパス。

当時版と大きな変化は感じませんが、少しシボ加工などの処理が綺麗になったように感じました。

DXデンオウベルト 20th ライダーパス後ろ

こういったベルト以外のアイテムも、細かくデザインが作り込まれているのが嬉しい。

DXデンオウベルト 20th ライダーパス展開

展開ギミックなどに特に変化はありません。

当時と変わらず、スムーズに展開することができます。

ライダーチケット

DXデンオウベルト 20th チケット

ライダーチケットは紙製となっています。

『ディケイドライバー ver.20th』のように紙製からプラカード化することが、ありましたが、『デンオウベルト ver.20th』では変更なし。

しかし当時と変わらず、カッコいいイマジンの絵柄や、ホロ加工などが非常にカッコいいです。

DXデンオウベルト 20th ライダーパスカード挿入

ライダーパスと組み合わせることで、劇中のようにチケットを収納することができます。

DXデンオウベルト ver20thの変身音声

音声も発光も大幅に改善されています。

フォームチェンジボタンを押すことで、各フォームに対応したデンライナーの発着音型の待機音声が鳴ります。

待機音中にライダーパスを正面発光部分に非接触タッチすることで、各4フォームに変身することができます。

  1. レッド:ソードフォーム
  2. ブルー:ロッドフォーム
  3. イエロー:アックスフォーム
  4. パープル:ガンフォーム

『DXデンオウベルト』には、付属オプションパーツで、さらに楽しむことができます

武器パーツ

最終フォーム関連アイテム

DXデンオウベルト ver20th:まとめ

DXデンオウベルト 20th 箱

仮面ライダー電王『DXデンオウベルト ver.20th』のご紹介でした。

この令和2020年に、新品のデンオウベルトが買えるということだけで感動。

しかも様々なところがグレードアップしており、ただの再販ではないところが本当に嬉しかったです。

なぜこのタイミングなのかと不思議に思っていたのですが、公式でコメントがありました。

映画「東映まんがまつり」で新作が公開される「仮面ライダー電王」に合わせて、Ver.20thとしてデンオウベルトを発売することとなりました。

開発者ブログ
なんと、『おしりたんてい』と同時上映(笑)

なんと10年ぶりに仮面ライダー電王が映画になるんですね。納得。

仮面ライダー電王が好きな方には、全力でおすすめできるver.20th版のデンオウベルト

気になる方はぜひチェックしてみてください。

『仮面ライダー電王』を観るなら、動画配信サービスがおすすめです。

仮面ライダーが観れる動画配信サービス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる