MENU
プロフィール背景画像
ソラノの画像
ソラノ
仮面ライダー玩具ブロガー
仮面ライダー玩具レビューブログ 『ソラノ特撮玩具部屋』を運営。仮面ライダーが大好きなサラリーマンパパ。DTPオペレーターをしながら、妻と息子の3人で慎ましく生活しています。 『ブログ』『仮面ライダー』『おもちゃ』が生き甲斐。子供から大人まで楽しめるようなブログを目指して活動中。
仮面ライダーが観れる動画配信サービスはこちら

【ゼロワン】RKF 仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパーをレビュー

ソラノのアイコン画像ソラノ

こんにちは、ソラノ(@tokusatu_sorano)です。

仮面ライダーゼロワン第22話「ソレでもカレはやってない」で初登場した『仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー』

天津垓によって『メタルクラスタホッパープログライズキー』の力で強制的に変身させられたフォームです。

全身シルバーに包まれたそのスーツを見て、一瞬最終フォームじゃないかと思ってしまうほどのカッコよさを感じました。

特に初戦闘時にその場から全く動かず、遠隔操作のみでサウザーを叩き伏せる演出が鳥肌モノ。

そんな全身のメタリックシルバーが神々しい『RKF 仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー』をレビュー。

この記事の内容

RKF 仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパーの価格と発売日

メタルクラスタホッパーななめ1

価格と発売日

  • 価格:3,080円(税込)
  • 発売日:2020年2月15日
  • セット内容:仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー、プログライズホッパーブレード、アタッシュカリバー、交換用手首

全体のプロポーション

メタルクラスタホッパー前
メタルクラスタホッパーうしろ

前面は、ほとんどの箇所が豪華なメタリックシルバーで塗装されています。

メタルクラスタホッパーななめ1
メタルクラスタホッパーななめ2

素体のベースはグレーカラーで、複眼や差し色にはゼロワンの特徴的な蛍光イエローで塗装。

スーツデザインがシンプルにカッコよくて、僕の大好きなデザイン。

フェイス部分

メタルクラスタホッパーフェイス

近年の仮面ライダーフェイスの中でも、トップクラスにカッコいいフェイスデザイン。

メタリックシルバー基調のフェイスに、大きい複眼のイエローが、なんとも言えない無機質な怖さを感じます。

マスク部分に入った蛍光イエローのラインが、近未来的で好き。

ボディー部分

メタルクラスタホッパーボディ

ボディー部分は、鋭利なデザインにメタリックシルバー塗装。

デザイン的にはシンプルなのですが、塗装効果も相まって非常に重厚感を感じます。

アーム部分

メタルクラスタホッパーアーム2

アーム部分もしっかりとメタリックシルバーで塗装。

メタルクラスタホッパーアーム1

アーム部分は特に目立ったデザインはありませんが、グレーの成型色で統一感があります。

ヒロイックな肩アーマーのデザインがカッコいい。

レッグ部分

メタルクラスタホッパーレッグ

『メタルクラスタホッパー』は上半身に情報量が多いですが、下半身は非常にシンプルな造形となっています。

太ももパーツ部分に入った蛍光イエローのラインが良いアクセント。

飛電ゼロワンドライバー

DXメタルクラスタホッパープログライズキー

『飛電ゼロワンドライバー』部分はブラック基調で中央部分は蛍光イエローの塗装。

『メタルクラスタホッパープログライズキー』もしっかりとデザインされています。

関連記事

プログライズホルダー

プログライズホルダー

プログライズホルダーもしっかりとデザインされています。

関連記事

付属オプションパーツ

メタルクラスタホッパー付属品

前回の『RKF 仮面ライダーサウザー』に引き続き、今回もしっかりと武器が付属しています。

『アタッシュカリバー』と『プログライズホッパーブレード』に塗装はありませんが、なんと分割と合体が出来るように。

これにより劇中のように2刀流で構えたり、合体させて巨大なブレードモードにすることもできます。

これは嬉しい。

可動範囲

メタルクラスタホッパーポーズ4
メタルクラスタホッパーポーズ1

ボディー部分は、やや可動範囲が狭い印象ではありますが、アームやレッグ部分は思った以上に良く可動します。

劇中のような武器構えポーズも可能。ライダーキックも、ばっちり決まります。

RKF 仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー:まとめ

メタルクラスタホッパーポーズ3

仮面ライダーゼロワン『RKF 仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー』の紹介でした。

全体的なプロポーションのバランスや、全身これでもかと塗装された『メタリックシルバー』など、全体的に大満足。

武器の付属も嬉しかったですね。

こうして細かく見ると、改めて『メタルクラスタホッパー』は『仮面ライダーゼロワン』の中でもトップクラスにかっこいいスーツデザインだなあと実感しました。

次回は帰ってきた『迅』が変身する『仮面ライダー迅 バーニングファルコン』などが予定されていますので、今から非常に楽しみ。

その他の『仮面ライダーゼロワン』は下記の記事をどうぞ。

仮面ライダーゼロワンのまとめ記事

過去の仮面ライダー作品を観るなら『動画配信サービス』もおすすめです。

仮面ライダーが観れる動画配信サービス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる