フィギュア関連

【ゼロワン】RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフのレビュー!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ アイキャッチ

こんにちは、ソラノです。

ソラノ
ソラノ
ブログTwitterで仮面ライダー玩具のレビューをしています。

この記事ではRKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフについて、写真や動画を使いつつ紹介していきます!

それではさっそく見ていきましょう!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフの価格と発売日

それでは、RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフの価格と発売日から見ていきましょう!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 内容物
  • 価格:2,500円(税抜)
  • 発売日:2019年12月7日
  • セット内容:仮面ライダーバルカン アサルトウルフ、エイムズショットライザー、交換用手首2つ

全体のプロポーション

あまりのかっこよさに、箱から取り出した瞬間に感動しました!

仮面ライダーバルカンのパワーアップフォームということで、RKF 仮面ライダーバルカン シューティングウルフに比べてかなり作り込まれた印象ですね!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 前
RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 斜め1
RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 斜め2
RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 後ろ

メインのカラーは以前の「明るめのブルー」と「ホワイト」から「濃いブルー」「ブラック」に変化しています。

滅亡迅雷が開発したプログライズキーということもあって、危険な雰囲気を醸し出しているカラーリングですね!

シャケ
シャケ
立たせるだけで怖いね。
ソラノ
ソラノ
ベースカラーの濃いブルーが気に入りました!

フェイス部分

フェイス部分はV字状のデザイン。

頭部はパープルでその他はグレーをベースに塗装がされています。複眼のイエロー部分も大きくて存在感があります。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ フェイス

フェイス部分の塗装も非常に細かく塗装されています。左目部分にはブラックの塗装も入っていますね。

全体的に深くダークな色合いですね。そしてアップで見てみると、より一層危険な感じがしますね。

余談ですがアンテナ部分の造形が、ラビットタンクになっているのは気のせいでしょうか(笑)

フェイス部分の可動

フェイスの可動に付いては概ね及第点ですが、気になる点といえば左右への可動が少し狭いですね。

これは首周りの砲弾ユニットのデザインの影響なので仕方ないと思います。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ フェイス可動

特に制限のない上下の可動範囲については、もう少し動いても良かったかもしれませんね。

ボディー部分

ボディー部分は複数のグレー色を使用していますので、非常に重厚な印象です!

鉄板部分も細かくモールドがはいっているところがグッド!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 胸部

ボディーデザインも非常にかっこいいですね!

ブラックとレッドの配色の組み合わせが良いです!造形も非常に細かくデザインされています。

中央部分のオービタルバインダーと呼ばれる部分は粒子を感じるピンクでしっかり塗装されています。

劇中でも怪しげな光を放っていて印象的な部分でしたね!

シャケ
シャケ
ボディーのデザインがかっこいいね!

ボディー部分の可動

ボディー部分の可動は従来通りの胸可動で良く動きます。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ ボディー可動

ボディー部分は様々なデザインが施されてボリュームがあるにもかかわらず、非常に良く可動します。

ベルト部分のエイムズショットライザーも今回は改良が加えられていて、可動に影響を受けないようになっています。

エイムズショットライザーの改良部分については後述します。

アーム部分

左右のアーム部分も従来のRKFシリーズの中でもダントツにかっこいいデザインとなっています!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ アーム1
RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ アーム2

まず特筆すべきは、肩アーマーの素晴らしいデザインです!

粒子を含んだメタリックの塗装や細かい造形もさることながら、非常に立体感を感じるデザインがすばらしいです。

そしてアーム部分もそれと同じくらい作り込まれており、バンド部分や強化パーツ部分などがあるため非常にボリュームを感じます!

シャケ
シャケ
いつもの3倍は作り込まれている印象のアーム部分です!

アーム部分の可動

アームの可動については肩パーツが非常にシンプルな造形となっているので、良く動きます。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ アーム可動

非常にボリュームのあるアーム部分ですが、可動にはほとんど影響を受けないように作られているのが素晴らしいです!

肩パーツは別に可動するためアームの上げ下げに影響はありません。二の腕の可動範囲も広くよく動きます!

ソラノ
ソラノ
ポージングをバッチリ決めることができるのが嬉しいですね!

レッグ部分

レッグ部分は上半身に比べるとシンプルですが、細かいモールドや股部分の一部塗装表現がかっこいいですね。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 脚部

以前は片足のみだったウルフ表現も今回は両足がウルフ造形になっています。

レッグ部分の可動

レッグ部分も従来のRKF同様によく可動します。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 脚部可動

劇中では激しいアクションシーンが目白押しだったので、これだけ可動範囲が広ければ、ばっちり再現可能ですね!

変身ベルト部分

変身ベルト部分は、エイムズショットライザーがしっかりと再現されています。

エイムズショットライザー部分

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ エイムズショットライザー

今回の素晴らしい改善ポイントがこちらのエイムズショットライザー部分です!

以前はエイムズショットライザーを外すと、ベルトのバックルごと取れてしまって非常にみっともないベルト部分でした。

今回はバックル部分がしっかりとデザインされていて、DX玩具や劇中と同じ造形になっています!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ エイムズショットライザーはずし
ソラノ
ソラノ
これは素晴らしい改善ポイントですね!

改善前のRKF仮面ライダーバルカンは下記でレビューしています。合わせてどうぞ。

>>【ゼロワン】RKF 仮面ライダーバルカン シューティングウルフのレビュー!

プログライズホルダー部分

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ プログライズホルダー

プログライズホルダーもしっかりとデザインされています。

付属オプションパーツ

付属オプションパーツは開き手首が2つ付属します。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 内容物

付属パーツは交換用手首パーツが2つと武器用のエイムズショットライザーが付属します。

残念ながら、劇中で使用していたオーソライズバスターは付属しません(泣)

シャケ
シャケ
オーソライズバスター欲しかった。(泣)

エイムズショットライザー構えポーズ

エイムズショットライザー構えポーズもバッチリと決まります。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 構え

劇中でも追い打ちをかけるようにエイムズショットライザーを放っていましたね!

ライダーキックポーズ

ライダーキックポーズも非常にかっこ良く決まります。

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ ライダーキック

全体的なフォルムが素晴らしいため、ライダーキックも絵になりますね!

今後劇中でのライダーキックが非常に楽しみです!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフのまとめ

『仮面ライダーゼロワン』RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフの紹介でした!

RKF 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ 立ち

RKFゼロワンシリーズの中でもトップクラスにかっこいいフィギュアでした!

造形の素晴らしさもさることながら、細かい塗装やモールドもなども丁寧に再現されるところに感動です。

劇中での活躍も非常にかっこよかったので、劇中のポージングを再現できるの嬉しかったです!

ただ一つ気になる点といえば、少し関節部分が緩めに感じたところでしょうか。

しかしこの部分は個体差もありますし、そこまで気にするほどではなかったです。

ソラノ
ソラノ
それよりもベルト部分のバックルの造形が追加されていたりと細かい改善ポイントも良かったですね。

同時発売のRKF 仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーについても作品放送後に順次レビューしていきたいと思いますのでお楽しみに!

その他の仮面ライダーゼロワンの記事は下記にまとめていますので、ぜひご活用ください!

仮面ライダーゼロワン玩具まとめ