フィギュア関連

【RKF】 仮面ライダーウォズをレビュー!ちょっと祝えないです泣

RKF 仮面ライダーウォズ アイキャッチ
価格 2,000円(税抜)
発売日 2019年1月12日
総評価
価格
彩色
可動
オプション

ソラノ
ソラノ
未だに敵か味方かわからない謎の多いライダーです苦笑

白ウォズ、黒ウォズが変身する大人気の3号ライダー、仮面ライダーウォズがついにRKFで発売になりました!

こんにちは!仮面ライダー玩具ブロガーのソラノ(@tokusatu_sorano)です!

今回はRKFシリーズから『仮面ライダーウォズ』をご紹介したいと思います!

ジオウやゲイツとは違い、ビヨンドライバーで変身する大人気のライダーです。

ウォズ役の「渡邊圭祐」さんが非常にかっこいいことも人気の一つですね。

総評価はです。

全体的に悪くはないのですが、塗装の少なさと成型色の微妙さがRKFの総評としては少し残念な結果に感じました。

それでは細かく見ていきたいと思います!

仮面ライダーウォズについて

変身者 ウォズ(白、黒)
変身ベルト ビヨンドライバー
変身アイテム ウォズミライドウォッチ
初変身 仮面ライダージオウ 第17話

歴史の違う未来からやってきた通称白ウォズ。

未来の行動を決められる恐ろしいチートノートを使用し、現代のゲイツをゲイツリバイブにするためにやってきました。

そしてビヨンドライバーを使用し仮面ライダーウォズに変身し、ジオウ達を苦しめました。

RKF仮面ライダーウォズ 前

数々の未来の仮面ライダーを葬りミライドウォッチを生成。

見事ゲイツリバイブへの布石を完成させますが、黒ウォズの策略によりビヨンドライバーと集めたミライドウォッチを全て奪われてしまいます。

以後、黒ウォズビヨンドライバーの新たな使用者となります。

RKF仮面ライダーウォズ 後ろ

全体的なバランスは悪くないのですが。。

まずプロポーションですが、違和感はないのですが劇中のスーツデザインでは上半身のアーマー部分がかなりしっかりとしているデザインだったため、RKFではどうしてもひょろっとしている印象を受けてしまいますね。

素立ちではちょっと決まらない感じです泣

RKF仮面ライダーウォズ 斜め1

塗装は少し残念。。

次に塗装箇所ですが、フェイス部分の口周りの塗装省きで顔の印象が少し違って見えてしまっているのが残念です。

加えて下半身脚部部分の塗装箇所が少ないため少し寂しい感じがします。

もう少し塗装が入って欲しいところでした泣

RKF仮面ライダーウォズ 斜め2

ジカンデスピアーは迫力満点です!・・・しかし・・。

ジカンデスピアー

武装はジカンデスピアのヤリモードが付属します。

非常に存在感のある大きさなのでこの点は嬉しいです!

ですが、ゲイツの時と同じくまた交換用手首が付属していません。。

ウォズは祝う時などに特徴的な手の動きがあるので交換手首で再現できるのを期待していましたが、本当に残念です。

可動範囲は問題なし

劇中は割と武器を使用した攻撃が多いので、あまり可動範囲はそこまでなくてもポージングの雰囲気は出せます。

ライダーキックも問題なく再現可能です!

RKF仮面ライダーウォズ ライダーキック

RKF 仮面ライダーウォズのまとめ

RKF仮面ライダーウォズ 構え

総評価はです。

ゲイツの時の悪夢が蘇ってしまいました。

交換手首無しと塗装範囲の大幅なオミット。

それでも肩アーマー部分などはしっかり作られていて好印象でした。

ソラノ
ソラノ
とても好きなスーツデザインだっただけに過度な期待をしてしまいました。。

シノビなどの追加アーマーが発売されたら評価が上がりそうですが、ウォズ単体としての評価は満足とはいきませんでした。。

それでも価格はだいぶ抑えられていますので、手を出しやすいフィギュアであることには変わりありません。

ぜひシリーズのクオリティーを安定させていただけるようにお願いしたいと思います。(懇願)

  1. ポージングが取らせやすい。
  2. 価格が手を出しやすい。
  3. ジカンデスピアが大きくて迫力がある
  1. 大事な口周りの塗装が省かれてしまっている。
  2. 全体的にひょろっとしていてポージングが決まらない。
  3. 交換用手首が付属していない。