フィギュア感想

凶悪な姿を立体化!【RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム】感想

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム アイキャッチ
価格 2,500円(税抜)
発売日 2019年4月27日
総評価
価格
彩色
可動
オプション

ソラノ
ソラノ
ブラックホールフォームを発売してくれるだけで嬉しいです!!

ビルドのラスボスである仮面ライダーエボルの最終形態ブラックホールフォームがついに立体化されました。その姿は最終フォームにふさわしく、まさに星を破壊する地球外生命体の名に恥じないデザインとなっております!

それでは見ていきましょう!

だから人間は面白い。。仮面ライダーエボルブラックホールフォームについて

変身者 石動惣一(擬態)(エボルト)
変身ベルト エボルドライバー
変身アイテム コブラエボルボトル・ライダーエボルボトル、エボルトリガー
初変身 仮面ライダービルド 第37話

エボルトリガーを使用した仮面ライダーエボルの最終形態。この姿が地球外生命体エボルトの本来の姿です。数々のフォームチェンジを経て、フェーズ4のこの形態が最後となる。

その力はブラックホールを操り様々な物体を飲み込んでしまう。その強さは星を破壊するほどのエネルギーの秘めている。

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 前

トランスチームガンが付属します!

オプションには交換用手首2つとトランスチームガンが付属します。コブラフォームの時とほぼ同じようなラインナップですね。エボルトは登場序盤は武器を使用していましたが、ブラックホールが使用可能になった後半はほぼ素手状態で戦っていましたね。

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム オプション

造形は大満足!

禍々しいデザインもさることながら、コブラの時と同様に複雑な造形がうまく表現されています!やっぱりマントがつくとシルエットが素晴らしく豪華になります!まさに最終形態にふさわしい姿です!

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 構え

ところどころにコブラフォームのスーツ造形が見えているところがいいですね。ホワイトの頭部にピンクのラインが特徴的です。

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 浮かび

塗装部分では気になるところも

しかしちょっと残念な部分もありまして、複眼部分の塗装がオミットされています。もともとホワイトベースのため、少しインパクトに欠ける印象でした。複眼は塗装を入れて欲しかったです。

とはいえマントの塗装など全体のバランスは非常に秀逸です!

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 笑い

可動させると非常にかっこいい姿!!

さすがのエボルトです。コブラフォームと同様に動かすとセリフを喋り出しそうなほど雰囲気が出ています。

しかし可動範囲はやはり狭めです。マントの軟質素材のおかげで少しは確保されていますが、それほど自由に動く訳ではありませんが劇中でも基本的にはあまりアクティブに動く方ではないので違和感は感じません!

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム ライダーキック

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォームのまとめ

総合評価はです!

何よりRKFで立体化してくれたことが非常に嬉しいです!ブラックホールフォームは大好きなデザインなので感動しっぱなしでした。

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 後ろ

背面などにもしっかりとモールドや別パーツを使用していて塗装はほとんどありませんが、造形は作り込まれています。

基本的に劇中スーツデザインもブラックベースに対してホワイトラインのデザインのため、RKFのように塗装が少ないフィギュアでもかなり見栄えがします。エボルトリガーの刺さったエボルドライバーもしっかりとモールドが入っていてかなりボリュームを感じます。

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 斜め1

複眼の塗装省きや可動範囲の狭さは否めませんが、価格も2,000円弱で購入可能です。加えてSHFでもまだ発売されていませんので非常におすすめのフィギュアです!個人的には大満足でした!

RKF 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム 斜め2
  1. 造形やシルエットが非常にかっこいい
  2. 可動した時のスタイルも劇中さながら
  3. 最終フォームにふさわしい圧倒的存在感
  1. フェイス部分複眼の塗装省き
  2. 可動範囲が少し狭め