雑記

子育てしながら少しでも自分の時間を確保したい!僕が実践した解決法!

お父さん 子育て 時間確保

ソラノ
ソラノ
子供と一緒に遊べる時間は大切ですが、このままではまずいと思いました泣

お子さんのいるお父さんの最大の悩み。それが自分の時間の確保です。僕もつい最近までこの難題と向き合ってきました。

特にイヤイヤ期などに突入されるとほとんど自分の時間はありません。

平日は朝から夜遅くまで仕事をして、休日には平日にできなかった家事と日頃頑張ってくれている妻のフォロー、そして子供のお世話。やらなければならないことが山のようにあります。それでも十分に幸せなことだと思います。

しかし、仕事外での友人とのコミュニケーションや、仕事に生かす為の自己レベル底上げのための資格勉強などのスキルアップ、僕は将来をより良くする為に使う時間。このような時間も生きていく上で必要だと僕は考えます。

そして毎日時間に追われていると、常にイライラしてしまいますので精神的な疲れが溜まって、ちょっとしたことで奥さんと言い合いになってしまったり、子育ても仕事もなかなかうまくいかなくなってきますよね。

僕もこのような状態になってしまって、心身ともにクタクタになってしまいました。そこでこのままではいけないと思い、なんとかこの状態を脱するべく必死に考え抜いてきました。

そして奥さんと自分のお互いの時間を確保しつつ、子育てと仕事を上手にこなす解決策を編み出しました!

家庭の状況は千差万別なので、一概にこの方法で効果があるかはわかりませんが、僕はこの方法で子育てしながら少しでも自分の時間を確保したい!という問題を解決しました!

なぜ自分の時間が取れないのか?

僕の会社は一般的な祝祭日がお休みの会社です。しかしちょっと一日の就業時間が長めです。それでは僕の平日のスケジュールを見て見ましょう。

まず、仕事で平日は朝の7時から家を出て、帰ってくるのが21時前後。夜は僕の担当である洗い物や食事とお風呂で就寝する12時までには2時間くらいしかありません。

その日のニュースなどを見て、次の日の仕事の準備をすると、もう就寝時間です。お子さんのいる家庭は大体どの家庭もこのような感じではないかと思います。

そして主な休日は土曜日と日曜日、土曜日は午前中は部屋の掃除、午後に子供と遊びます。その子供と遊んでいる間に、少し隙を見て僕の唯一の趣味である特撮を見ようとするのですが、子供がすぐにちょっかいを出してくるので、もちろん全く落ち着いて見られません(苦笑)

ブログでも書こうかとノートパソコンを開くと、その瞬間に子供が絡んできます(大泣)それならば読書でもしようかと本を開くと、そんな時に限って、子供が大声で歌い出したり音の出る絵本を最大音量で使用するため全く集中できません。つまり子供と同じ空間にいる限りほぼ子供と遊ぶことしかできません(それも十分楽しいですけど笑)

そんなこんなで気づくと、夜の18時過ぎ。家族みんなでご飯を食べて順番にお風呂。子供のお風呂の準備と後片付け(ドライヤーなど)をしていると、あっという間に21時。

。。。あれ?平日とあまり変わらない気がする。。今日もろくに何もできずに終わってしまった。。。

それでもまだ日曜日があるから大丈夫だろう。そんなことを思いながら土曜日は終わります。

しかし待っていたのは土曜日とほぼ同じ展開でした。「これは一体どういうことだろう。。」僕は疲れて思考回路がうまく機能していませんでした。

そこで一旦なぜこんなにも自分の時間がなくなってしまうのか考えて見ました。

予想以上に子供の影響が大きい

子供がいない時は全く気にしていませんでしたが、ブログを書くこと、本を読むこと、テレビを見ることは、それに集中していないとできません。なので子育て中に集中して好きなことをすることは不可能に等しいのです。(子育て中なので当たり前のことなんですが。。謝)

子育てが日常化してくると疲れからか思考回路が低下し、そんなことにすら気づけなくなっていました。

初めは楽しく子供と遊んでいたのですが、続くにつれいつのまにか、ひたすら喋る子供の声や、鳴り響くおもちゃなどの音で頭の中がいっぱいになり物事に没頭できなくなっていたのです。

そしてこのストレスは日に日に少しづつ溜まっていき、子供のいたずらに対して強く叱ってしまったり、ちょっとしたことで妻との会話がスムーズにできなかったりと、状況は少しづつ良くない方向へ進んでいきました。

そこで僕は、「このままではダメだ。仕事と子育て、そして少しのプライベートを上手く確保しなくてはこのサイクルは上手く回せない!!」と必死で打開策を探し始めました。

休日の家事、育児のやることを平日に全てリスト化する

僕は今まで休日になったらその日に予定を考え、買い物やお出かけなどを入れていましたが、それをやめて平日の通勤時間や、仕事の休憩中に休日にやることをコツコツリスト化しました。

リストに書き出してみると、自分の予想以上にやることが多くてびっくりしました。そしてそれを無駄なくこなせるように事前にしっかりと予定組みをしました。

どんな感じでリスト化しているか一部をご紹介します。

  1. 10時半から11時までに買い物を済ます。
  2. 11時から12時までに掃除を完了する。
  3. 13時から15時まで子供と遊ぶ。

このように時間をはっきりと明記することにしました。上記は土曜日の予定なのですが、日曜日は妻とはっきり予定を分けました。

  1. 午前中の9時から11半まではお父さんの自由時間、図書館及びネットカフェに行く。
  2. 妻が一人になれる時間を作る。代わりに13時から17時頃まで子供の面倒を一人で見る。

この午前中の半日を子供と離れて自分だけの時間とする。これがとても大切なことだと実践して感じました。何事もバランスが大切だと気づきました。

没頭するなら図書館やネットカフェがオススメ!

ここで僕のこの貴重な自由時間の過ごし方を紹介します。

僕は読書が好きなのですが、僕の本を読むオススメの場所は、ズバリ図書館です!

図書館はとても静かなので本や音楽を聴くには持ってこいです。しかも無料。利用しない手はないです。

同じく本を読む人や勉強している人も多いので、そんな雰囲気のおかげで読書や勉強など、とても捗ります。

ネット、テレビ、漫画を読むならネットカフェがオススメです!これはブログを書いたり、アニメを見たり何でもできます。しかも飲み物も飲み放題。

お金は少しかかりますがパックでは入れば3時間くらいだと1,000円前後で済むので、そこまでかかりません。

僕は特撮や映画が大好きなので、ここで無料や定額のチャンネルを使用して視聴しています。しかもそのままブログやツイッターで感想も書けたりするので非常に便利です。

上記2つの施設で自分の好きなことする時間を作った結果、育児ストレスが大幅に軽減し、好きなことに集中することができました!子供と一緒にいる時に同じことをしても全く集中できなかったので大きな気づきでした。

一番の原因は全てが中途半端だったことだった

家事をやりながら子供の面倒を見て、奥さんと話をしながら特撮を見たり読書をする。

一見同時に全てをこなしてるように感じますが、どの状態でも集中力を欠いており、没頭できず満足に楽しめていないため、ストレスがじわりじわりと溜まっていきます。

同時に何事もできる人は問題ないと思いますが、自分のように器用ではない人は同時に物事を進行すると、どれも中途半端になってしまいます。

そのためストレス解消どころか、逆に疲れが溜まってしまう原因になってしまうのです。そういう人は思い切ってやる事とやらない事をはっきりと分ける方がいいです。

ただし自分の時間を確保するためには、しっかりと予定を決め奥さんと協力しなくては成り立ちません。

ここは大事なポイントです!自分の時間を確保することだけを優先して考えたらダメですよ!僕は初めに何度か失敗しました苦笑。

これで好きなことと育児を両立できました!

このたった半日の一人の時間のおかげで、好きなことに没頭でき、心にゆとりが生まれ育児もスムーズに行うことができました。

僕は今でもこの時間で特撮を見たり玩具撮影をしたりブログを書いたりしています。この時間があるから大変な育児を乗り切ることができています。

もちろん予定通りに行かないことも多々ありますが、その度にうまく予定を変更して自分の時間を確保できるようにします。

やっぱり自分の好きなことに没頭できる時間が少しでもないと、楽しいことも楽しめなくなりますし、辛いことも乗り切れなくなってくると思います。

少なくとも僕はこの方法で辛い育児の負のスパイラルから脱出することができました。

まとめ

ここで大事なポイントを3つ上げておきます。

  1. 平日は仕事に集中。空いた時間で休日の予定組み
  2. 土曜か日曜どちらかに半日、お互いに自分だけの時間を確保する。
  3. ただし予定は常に変動する心構えを。奥さんと協力して乗り切ろう!

この3つのポイントをベースに予定を決めていきましょう。あとはその時々の予定によって組み替えたり、まとめたりして予定を立ててください。

もちろん人それぞれ生活スタイルが違うので、この方法が万人の解決策ではありませんし、予定通りに行かないこともたくさん起きます。

しかし少なくとも僕はこの方法で心のバランスを整えることができました。

この解決策が、今同じように常にいっぱいいっぱいになってしまって悩んでいるお父さんの希望の光になれたら幸いです。

ソラノ
ソラノ
奥さんの時間育児の時間自分の時間のバランスを上手にとって、より良い生活スタイルを作りましょう!